一般外来 北花田の内科・外科・肛門外科 岩崎医院

 

一般外来

便秘

 

「便秘とはどのような状態ですか?」


便秘症とは、慢性便秘症診療ガイドライン2017において、「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ適切に排出できない状態」と定義されています。

慢性便秘症の診断基準を簡単にまとめると、

・兎便、硬便など固い便

・便が出にくい

・残便感がある

・排便回数が週3回未満

上記の2項目以上を満たし「6ヶ月以上前から症状があり、最近3ヶ月間は基準を満たしていること」と定義されます。腹痛の有無は問わず、「腹痛を伴う便秘」である便秘型IBS(過敏性腸症候群)を含むものとされています。いずれにしても「他に症状がなければ、毎日出ていなくても便秘ではない」ということが明示されています。

 

便秘

 

 

「便秘になる原因は何ですか?」

 

慢性便秘症の原因としては、以下のようなものがあります。


1:便性状の問題「硬い便」

食物繊維や水分摂取の低下など。

 

2:自律神経の失調

不規則な生活、寝たきり状態、糖尿病性神経障害など。

 

3:精神的・身体的ストレス

大腸がストレスで痙攣して便を排泄できない状態。

 

4:弛緩性便秘

大腸の運動が低下して便を排出できない状態。

 

5:直腸性便秘

排便を我慢することを繰り返すうちに、直腸が鈍感になり便を排出できない状態。

 

6:薬剤の副作用

大腸運動を抑制する、もしくは便を硬くするため。

 

7:ねじれた腸管による便の通過障害

 

便秘

 

 

「便秘の治療にはどのようなものがありますか?」

 

便秘症の治療では、食物繊維の多い食事を心がけることが大切です。そのほかにも、規則正しい食事や睡眠時間を十分にとること、適度な運動を行うこと、十分に水分摂取を行うことが重要です。

上記の方法で改善がみられない場合には薬物療法を行います。従来からある代表的な薬剤として、酸化マグネシウム(便を軟らかくする薬)やセンノシド・ピコスルファートナトリウム(大腸を刺激して排便を促す薬)などがあります。酸化マグネシウムは多くの方に使われていますが、とくに高齢者や腎機能障害のある方では、血液中のマグネシウム濃度が高くなりすぎることがあり注意が必要です。大腸刺激性下剤は強力ですが、長く使い続けているうちに効き目が悪くなるのが欠点です。

最近になって新しく発売された薬(アミティーザ・リンゼス・グーフィス・モビコールなど)は、いずれも便の水分を増加させ便を軟らかくして排便を促すタイプの薬です。便は水分を含むことで膨張し、それが大腸の動きを活発にもします。生理的な作用に近く、長く使い続けても薬の効き目が落ちてきません。

その他、便秘の原因となっている病気の存在が疑われる場合には、その病気に対しての特異的な治療介入も検討されます。

 

便秘

 

「日常生活で気を付けることはありますか?」

 

慢性便秘症の対策の第一段階は薬ではなく、適度な運動とバランスのとれた食事です。

運動と慢性便秘症の関係の報告はいくつもあり、運動を励行している学校や、体育系学部での保健室でのお話を聞くと、慢性便秘症はほとんど存在しないそうです。

また、食物繊維摂取量の低下が慢性便秘症の原因となっていると言われます。とくに穀物由来の食物繊維の摂取量低下が影響していると考えられています。米の精米度合いの上昇(以前は食物繊維の多い玄米が多かった)と米の摂取量が半減したこと、豆類(とくに皮がついているもの)の摂取量の低下が原因とされています。白米に玄米や雑穀を混ぜたり、皮を含む豆類を摂取したりすることは、食物繊維補充の対策としては合理的です。ただし、慢性便秘症のすべてに食物繊維の摂取が有効なわけではなく、便が多くてお腹が張っている人が食物繊維を摂りすぎると逆効果になることがあります。

慢性便秘症は体質です。慢性便秘症の原因を見つけて、まずは運動や食事の面から無理なく長続きできる対策をして、うまく付き合っていきましょう。

便秘


 

その他の一般外来ページ


Iwasaki Clinic Group
診療科目 内科 外科 肛門外科


電話をかける

診療時間

 



医療法人 岩崎医院 
〒591-8008
大阪府堺市北区東浅香山町2丁337

最寄り駅:大阪メトロ御堂筋線 北花田駅

院長:岩崎 洋

診療科目:内科/外科/肛門外科

診療時間:
【午前】8:30〜11:30[受付終了]
【午後】5:30〜7:30[受付終了]
胃カメラ・エコー(腹部/乳腺/甲状腺など):予約制です
休診日:

木曜・土曜午後/日曜・祝日


【主な診療内容】

・糖尿病
・高血圧症
・高脂血症(脂質異常症)
・痛風(高尿酸血症)

・逆流性食道炎
・過敏性腸症候群(IBS)
・胃腸炎
・便秘
・癌疾患

・バセドウ病
・橋本病
・骨粗鬆症
・認知症

・痔
・まき爪(陥入爪)
・花粉症
・各種検査