一般外来 北花田の内科・外科・肛門外科 岩崎医院

 

一般外来

 

「胃腸炎とはどのような病気ですか?」


何らかの原因によって胃・小腸・大腸に炎症が生じ、嘔吐・腹痛・下痢などの消化器症状を呈する病気です。

大きく分けると、感染性胃腸炎と非感染性胃腸炎の2つに分類されます。

感染性胃腸炎は、細菌感染やウイルス感染が契機となって胃や腸管に炎症が生じます。原因となる細菌やウイルスには様々な種類がありますが、食品を介しての感染を食中毒と呼ばれます。小児や高齢者では重症化して入院加療が必要となることも少なくありません。

非感染性胃腸炎の原因としては、アレルギー反応・食習慣の影響・薬剤性・寄生虫などが挙げられます。一般的には感染性胃腸炎よりも症状は軽度であることが多いといわれています。

胃腸炎

 

 

「胃腸炎の症状はどのようなものがありますか?」


胃腸炎の原因によって異なりますが、共通した症状として嘔気・嘔吐、腹痛、下痢があります。

感染性胃腸炎では、細菌性の場合には嘔吐よりも下痢の方が強く、血便がみられることもあります。また、発熱が出現することが多いのも特徴です。

一方、ウイルス性の場合には、発熱は軽度〜中等度にとどまり、下痢よりも嘔吐症状が強い傾向にあります。細菌性と違い、血便がみられることは少ないです。

非感染性胃腸炎では、嘔吐・腹痛・下痢がみられ、程度によっては吐血や下血がみられることもあります。発熱が出現することは稀です。

 

 

「胃腸炎の原因は何ですか?」

・感染性胃腸炎

感染性胃腸炎には細菌性胃腸炎とウイルス性胃腸炎があります。

 

1:細菌性胃腸炎

原因菌には、病原性大腸菌・腸管出血性大腸菌・カンピロバクター・サルモネラ・腸炎ビブリオなどが挙げられます。これらの菌は、感染者の便を介して糞口感染や接触感染することがありますが、なかには原因菌の汚染された食品を介して感染することもあります。

鶏肉での感染が多いカンピロバクターは食中毒の原因菌として広く知られています。また、黄色ブドウ球菌などのように細菌が産生した毒素が胃腸炎の原因となるものもあります。

 

2:ウイルス性胃腸炎

原因となるウイルスとして、ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなどが挙げられます。ロタウイルスやアデノウイルスによる感染症は、乳幼児や小児に発症することが多いですが、ノロウイルス感染症は、秋から冬にかけて乳幼児から高齢者まで広く流行します。これらのウイルスも同様に糞口感染や接触感染により感染していきます。

食中毒の原因としてはノロウイルスが最も多いといわれています。

 

・非感染性胃腸炎

様々な原因があります。消炎鎮痛薬の内服により胃や腸の粘膜が荒れたり、刺激物やアルコール多飲・冷たい食べ物を摂りすぎると胃腸機能障害が出現したりします。また、アニサキスなどの寄生虫なども原因として知られています。

胃腸炎

 

 

「胃腸炎の治療はどのように行いますか?」

 

感染性胃腸炎の場合、細菌性では原因菌に適した抗菌薬が使用されることもありますが、基本的には、頻回の嘔吐や下痢による脱水症の進行に注意しながら、対症療法(症状に応じて内服薬を服用する)により経過観察します。小児や高齢者では脱水症に陥りやすいため、水分摂取が困難な場合には点滴加療を行うこともあります。

 


 

その他の一般外来ページ


Iwasaki Clinic Group
診療科目 内科 外科 肛門外科


電話をかける

診療時間

 



医療法人 岩崎医院 
〒591-8008
大阪府堺市北区東浅香山町2丁337

最寄り駅:大阪メトロ御堂筋線 北花田駅

院長:岩崎 洋

診療科目:内科/外科/肛門外科

診療時間:
【午前】8:30〜11:30[受付終了]
【午後】5:30〜7:30[受付終了]
胃カメラ・エコー(腹部/乳腺/甲状腺など):予約制です
休診日:

木曜・土曜午後/日曜・祝日


【主な診療内容】

・糖尿病
・高血圧症
・高脂血症(脂質異常症)
・痛風(高尿酸血症)

・逆流性食道炎
・過敏性腸症候群(IBS)
・胃腸炎
・便秘
・癌疾患

・バセドウ病
・橋本病
・骨粗鬆症
・認知症

・痔
・まき爪(陥入爪)
・花粉症
・各種検査