一般外来 北花田の内科・外科・肛門外科 岩崎医院

 

一般外来

過敏性腸症候群

 

「IBS(過敏性腸症候群)とはどのような病気ですか?」


過敏性腸症候群(IBS: Irritable Bowel Syndrome)は、大腸に腫瘍や炎症などの病気がないのに、おなかの調子が悪くなる病気です。およそ10%の人がこの病気であると言われており、女性に多く、年齢とともに減ってきます。命に関わる病気ではありませんが、腹痛・下痢・便秘などの症状のために日常生活に支障をきたすことが少なくありません。

 

 

「IBS(過敏性腸症候群)の症状はどのようなものがありますか?」


IBS(過敏性腸症候群)の診断基準を以下に示します。

・最近3ヶ月の間に、月に3日以上にわたって腹痛や腹部不快感が繰り返し出現します。

・特徴として、下記の2項目以上を満たします。

1:排便によって症状が改善する。

2:症状とともに排便の回数が変化する。(排便回数が増えたり減ったりする。)

3:症状とともに便の形状(外観)が変わる。(軟らかくなったり硬くなったりする。)

 

 

「IBS(過敏性腸症候群)の原因は何ですか?」


IBS(過敏性腸症候群)の原因は不明です。

ストレスによって不安や緊張状態に陥ると、腸の蠕動運動(消化した食べ物を送る運動)が激しくなり、痛みを感じやすい知覚過敏の状態になります。IBS(過敏性腸症候群)の患者さんでは、この状態が強いと言われています。

 

過敏性腸症候群

 

 

「IBS(過敏性腸症候群)の治療はどのように行いますか?」


まずは生活習慣の改善が重要です。規則正しい食生活を行い、暴飲暴食や夜間の大食を避け、食事のバランスにも注意しましょう。ストレスを溜めず、睡眠や休養を十分にとりましょう。激物や高脂肪の食べ物、アルコールは控えましょう。

生活習慣の改善を行っても症状がよくならないときには、内服薬による治療を行います。

 

過敏性腸症候群


 

その他の一般外来ページ


Iwasaki Clinic Group
診療科目 内科 外科 肛門外科


電話をかける

診療時間

 



医療法人 岩崎医院 
〒591-8008
大阪府堺市北区東浅香山町2丁337

最寄り駅:大阪メトロ御堂筋線 北花田駅

院長:岩崎 洋

診療科目:内科/外科/肛門外科

診療時間:
【午前】8:30〜11:30[受付終了]
【午後】5:30〜7:30[受付終了]
胃カメラ・エコー(腹部/乳腺/甲状腺など):予約制です
休診日:

木曜・土曜午後/日曜・祝日


【主な診療内容】

・糖尿病
・高血圧症
・高脂血症(脂質異常症)
・痛風(高尿酸血症)

・逆流性食道炎
・過敏性腸症候群(IBS)
・胃腸炎
・便秘
・癌疾患

・バセドウ病
・橋本病
・骨粗鬆症
・認知症

・痔
・まき爪(陥入爪)
・花粉症
・各種検査