一般外来 北花田の内科・外科・肛門外科 岩崎医院

 

一般外来

逆流性食道炎

 

「逆流性食道炎とはどのような病気ですか?」


「胃食道逆流症(Gastro Esophageal Reflux Disease:GERD)」は、主に胃内の酸が食道へ逆流することにより、胸焼け(みぞおちの上あたりの灼熱感)や呑酸(酸っぱいものが上がってくる感じ)などの症状が出現し、場合によっては食道の粘膜がただれる(逆流性食道炎)病気です。食道炎がみられず自覚症状のみあるタイプを「非びらん性胃食道逆流症(Non-Erosive Reflux Disease:NERD))」といい、食道炎を合併する場合を「逆流性食道炎(びらん性胃食道逆流症)」といいます。

 

逆流性食道炎

 

「逆流性食道炎の原因は何ですか?」


胃からは胃酸が分泌され、食物の消化を助けています。胃の粘膜は胃酸に対する防御機能がしっかりしておりますが、食道の粘膜は胃酸に対する防御機能が弱く、食道に逆流した胃酸によって食道粘膜は容易に傷ついてしまいます。食道粘膜が長時間胃酸にさらされると食道粘膜がただれて、逆流性食道炎が生じます。

胃と食道のつなぎ目(噴門)には下部食道括約筋が存在し、胃酸が逆流しにくくなっています。健常な人でも、食道内に胃酸が逆流している時間は一日の中で4%以下に留まり、逆流が問題になることはありません。食道の蠕動運動(食道内から胃へ食べ物を送る運動)により、すぐに胃へと戻されるからです。胃食道逆流症の患者さんでは、この蠕動運動に問題が生じていることがあり、胃酸が食道内に溜まってしまいます。また、胃の一部が横隔膜を越えて胸腔内に入り込む「食道裂孔ヘルニア」がある人は、さらに胃酸が食道内に逆流しやすくなります。

食道粘膜のただれがない非びらん性食道炎では、食道の知覚過敏が背景にあり、わずかな胃酸の逆流でも強い症状がみられる場合もあります。

逆流性食道炎

 

「逆流性食道炎の診断・治療はどのように行いますか?」


胸焼けや呑酸といった典型的な自覚症状があれば、胃食道逆流症を積極的に疑います。

吐き気や噯気(ゲップ)、またはみぞおちのあたりが重い感じがすると訴える人もいます。上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)で逆流性食道炎(びらん性胃食道逆流症)を認めれば、診断が確定されます。

治療としては、胃酸の分泌を抑える薬の内服が有効で、プロトンポンプ阻害薬(PPI)やカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB)が使われることが多いです。

その他、胃の内容物の逆流を改善する内服薬(消化管運動改善薬や漢方薬など)を併用することもあります。

 

 

「当院の上部消化管内視鏡検査について」

当院では細径経鼻内視鏡を用いています。

細径経鼻内視鏡の直径は5-6mmで、通常の内視鏡径8-9mmと比較すると、かなり細いです。また、経鼻的に挿入すると、経口から挿入した場合よりも、咽頭部での内視鏡の弯曲が緩くなります。その結果、内視鏡操作時における咽頭部での違和感がかなり軽減されます。近年は改良が進み、細径内視鏡でも通常の内視鏡と比較し、ほぼ同等のスペックを持っています。また、生検(組織を採取すること)も可能です。ただし、治療を必要とする場合(例えばポリープを切除するなど)には使用できません。

(※鼻腔内が狭くて経鼻的に挿入が困難な場合には、経口的に挿入します。)

 


 

その他の一般外来ページ


Iwasaki Clinic Group
診療科目 内科 外科 肛門外科


電話をかける

診療時間

 



医療法人 岩崎医院 
〒591-8008
大阪府堺市北区東浅香山町2丁337

最寄り駅:大阪メトロ御堂筋線 北花田駅

院長:岩崎 洋

診療科目:内科/外科/肛門外科

診療時間:
【午前】8:30〜11:30[受付終了]
【午後】5:30〜7:30[受付終了]
胃カメラ・エコー(腹部/乳腺/甲状腺など):予約制です
休診日:

木曜・土曜午後/日曜・祝日


【主な診療内容】

・糖尿病
・高血圧症
・高脂血症(脂質異常症)
・痛風(高尿酸血症)

・逆流性食道炎
・過敏性腸症候群(IBS)
・胃腸炎
・便秘
・癌疾患

・バセドウ病
・橋本病
・骨粗鬆症
・認知症

・痔
・まき爪(陥入爪)
・花粉症
・各種検査