一般外来 北花田の内科・外科・肛門外科 岩崎医院

 

一般外来

痛風

 

「痛風とはどのような病気ですか?」


痛風とは、尿酸(プリン体の体内で代謝されたもの)が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎症状を生じる病気です。

痛風の発作が起きる背景として、「高尿酸血症」(血液の尿酸値が高い状態)があります。

この高尿酸血症の状態が長期間放置されると、ある日突然に足の親指の付け根などの関節が赤く腫れて痛み出します。痛みは激烈で耐えがたい痛みです。(風が吹いても痛いと言われます。)多くは7〜10日間程度で自然に軽快しますが、炎症を抑える薬を服用することにより比較的早く痛みが改善します。1年以内に同様の発作が起こることが多く、発作を繰り返しているうちに、足首や膝の関節まで腫れることがあり、発作の間隔も次第に短くなっていきます。

痛風

「痛風の原因は何ですか?」


高尿酸血症(血液の尿酸値が高い状態)を背景に痛風発作が出現します。

痛風は圧倒的に男性に多い病気です。(約98%が男性)血液の尿酸値は一般的に男性が女性よりも高いためです。これは、女性ホルモンには腎臓から尿酸の排泄を促す働きがあるからで、女性でも閉経後にホルモン分泌が減少すると尿酸値が上昇します。

痛風発作は、血清尿酸値が7.0mg/dLを超える状態が数年間以上続くと起こると言われています。

 

痛風

 

 

「痛風の治療はどのように行いますか?」


痛風発作が起こった際には、まずは消炎鎮痛薬で患部の痛みや腫れを治します。痛みや腫れが落ち着いたら、痛風の原因である高尿酸血症に対する治療を始めます。生活習慣を改善しつつ、尿酸降下薬を少量から使い始め、徐々に尿酸値を下げていきます。

(※痛風発作中に尿酸降下薬を開始すると関節炎が悪化し、長期化することがあります。)

痛風発作の再発を予防するためには、血清尿酸値を6.0mg/dL未満を目標とします。

 

 

「日常生活で気を付けることはありますか?」


生活習慣の改善が最も大切な予防法です。

 

①食べ過ぎに注意!

摂取エネルギー(カロリー)を抑えて肥満を解消するだけで血清尿酸値は下がります。

肉や魚の内臓(あん肝・レバーなど)や干物(煮干し・しらす干しなど)にはプリン体が多く含まれているため、注意が必要です。

 

②お酒は適量に!

アルコール自体に尿酸値を上げる作用があります。ですので、プリン体カットのビールでも飲み過ぎてはいけません。日本酒なら1合まで、ビールなら500mLまで、ウイスキーなら60mLまで、ワインなら200mLまでを目安としましょう。

 

③水分摂取をしっかりと!

尿量を増やし尿で尿酸を排泄するため、水分をしっかりと摂りましょう。砂糖を含む飲料は避け(果糖は尿酸産生を促進させるため)、水やお茶を1日に2000mL以上飲むことが望ましいと言われています。

 

④ストレス解消を!

ストレスは尿酸値を上昇させる危険因子とされています。自分にあった方法でストレスを解消しましょう。

 

⑤適度な運動を!

短距離ダッシュや大きな負荷でベンチプレスを行うなど、息をこらえて行う「無酸素運動」は尿酸値上昇の原因となると言われています。話しながらでもできるような有酸素運動で、肥満やストレスを解消しましょう。

 


 

その他の一般外来ページ


Iwasaki Clinic Group
診療科目 内科 外科 肛門外科


電話をかける

診療時間

 



医療法人 岩崎医院 
〒591-8008
大阪府堺市北区東浅香山町2丁337

最寄り駅:大阪メトロ御堂筋線 北花田駅

院長:岩崎 洋

診療科目:内科/外科/肛門外科

診療時間:
【午前】8:30〜11:30[受付終了]
【午後】5:30〜7:30[受付終了]
胃カメラ・エコー(腹部/乳腺/甲状腺など):予約制です
休診日:

木曜・土曜午後/日曜・祝日


【主な診療内容】

・糖尿病
・高血圧症
・高脂血症(脂質異常症)
・痛風(高尿酸血症)

・逆流性食道炎
・過敏性腸症候群(IBS)
・胃腸炎
・便秘
・癌疾患

・バセドウ病
・橋本病
・骨粗鬆症
・認知症

・痔
・まき爪(陥入爪)
・花粉症
・各種検査