一般外来 北花田の内科・外科・肛門外科 岩崎医院

 

一般外来

高脂血症

 

「脂質異常症と診断される基準は何ですか?」


血液中の脂質の値が基準値から外れた状態を脂質異常症と言います。脂質異常症の診断基準を下記に示します。

 

脂質異常症診断基準(空腹時採血)*[1]

 

*10時間以上の絶食を「空腹時」とする。ただし水やお茶などカロリーのない水分の摂取は可とする。

**スクリーニングで境界域高LDL-C血症、境界域高non-HDL-C血症を示した場合は、高リスク病態がないか検討し、治療の必要性を考慮する。

●LDL-CはFriedewald式(TC-HDL-C-TG/5)または直接法で求める。

●TGが400mg/dL以上や食後採血の場合はnon-HDL-C(TC-HDL-C)かLDL-C直接法を使用する。ただしスクリーニング時に高TG血症を伴わない場合はLDL-Cとの差が+30mg/dLより小さくなる可能性を念頭においてリスクを評価する。

 

 

「脂質異常症になる原因はどのようなものがありますか?」


LDLコレステロールの高値の原因として、まずは食事中の飽和脂肪酸の摂り過ぎがあげられます。飽和脂肪酸は、肉の脂身(赤身ではなく白い部分。バラ肉、ひき肉、鶏肉の皮も含む)・バターやラード・生クリームなどに多く含まれます。パームヤシやカカオの油脂、インスタントラーメンなど加工食品にも含まれています。一般的には、冷蔵庫の中で固まっている油脂は飽和脂肪酸の多い油脂であり、サラダ油や魚油のような液体の油は不飽和脂肪酸の多い油脂です。

また、食事中のコレステロールもLDLコレステロールを高くします。食事中のコレステロールは、主に鶏卵の黄身や魚卵から摂取されます。

トリグリセライド(中性脂肪)の高値の要因としては、カロリーの過剰摂取、とくに甘いもの・酒・油もの・糖質の摂り過ぎが挙げられます。砂糖の入ったソフトドリンクを飲む習慣のある人にも多い傾向があります。

HDLコレステロールの低値はトリグリセライド(中性脂肪)の高値と連動することが多く、その要因は、肥満・喫煙・運動不足です。

また、遺伝子の異常が原因で血液中のコレステロールや中性脂肪が異常に増えてしまうこともあります。さらに、他の病気や服用している薬の影響で、血液中の脂質のバランスが悪くなることもあります。

 

高脂血症

 

 

「脂質異常症になるとどのような影響が身体に現れますか?」

脂質異常症は、基本的には症状が現れないことが多いです。

脂質異常症をそのまま放置していると、動脈硬化が進み、狭心症・心筋梗塞、脳梗塞などの病気を起こしやすくなります。

また、中性脂肪の値が高いと、上記疾患のほか、脂肪肝や急性膵炎などのリスクが高まります。

 

 

「脂質異常症の治療はどのように行いますか?」

食事中の飽和脂肪酸と血中のコレステロールとの関係は、食事中のコレステロールと血中のコレステロールとの関係よりも強く、LDLコレステロールが高い人がまず行うべきことは、飽和脂肪酸の摂り過ぎを改めることです。現時点では、LDLコレステロールが高い人が注意すべきことは、まず飽和脂肪酸であり、次いで鶏卵などコレステロールの多い食品についても食べすぎないようにすることが勧められます。

甘いもの・酒・油もの・糖質の摂取を控えることで、また運動や減量を行うことで、トリグリセライド(中性脂肪)を下げることができます。また、背の青い魚に多く含まれるn-3系(ω-3系)多価不飽和脂肪酸には、トリグリセライド(中性脂肪)を下げる働きがあります。

運動や減量、禁煙を行うことにより、HDLコレステロールの上昇が見込まれます。また飲酒には、HDLコレステロールを高くする働きがありますが、飲酒は高血圧や肝障害を悪化させますので、HDLコレステロールを上昇させるために飲酒を勧めることはできません 。

以上のような生活習慣の改善を行っても十分な改善がみられない場合には、薬による治療を行います。

 

 


 

その他の一般外来ページ

 


Iwasaki Clinic Group
診療科目 内科 外科 肛門外科


電話をかける

診療時間

 



医療法人 岩崎医院 
〒591-8008
大阪府堺市北区東浅香山町2丁337

最寄り駅:大阪メトロ御堂筋線 北花田駅

院長:岩崎 洋

診療科目:内科/外科/肛門外科

診療時間:
【午前】8:30〜11:30[受付終了]
【午後】5:30〜7:30[受付終了]
胃カメラ・エコー(腹部/乳腺/甲状腺など):予約制です
休診日:

木曜・土曜午後/日曜・祝日


【主な診療内容】

・糖尿病
・高血圧症
・高脂血症(脂質異常症)
・痛風(高尿酸血症)

・逆流性食道炎
・過敏性腸症候群(IBS)
・胃腸炎
・便秘
・癌疾患

・バセドウ病
・橋本病
・骨粗鬆症
・認知症

・痔
・まき爪(陥入爪)
・花粉症
・各種検査