一般外来 北花田の内科・外科・肛門外科 岩崎医院

 

一般外来

高血圧症

 

「高血圧とはどのような状態ですか?」


血圧の値のうち、上の血圧が140mmHg以上の場合、または下の血圧が90mmHg以上の場合、あるいはこれらの両方を満たす場合に診断されます。

 

血圧上昇

 

 

「高血圧の原因は何ですか?」


高血圧は、原因をひとつに定めることのできない「本態性高血圧」と、原因の明らかな「二次性高血圧」に分けられます。

日本人の高血圧の約8〜9割が本態性高血圧で、遺伝的素因(体質)・食塩の過剰摂取・肥満など、さまざまな要因が組み合わさって起こります。中年以降にみられ、親が高血圧の場合に起こりやすい高血圧といえます。

 

二次性高血圧は、

①腎臓の働きが悪くなって塩分と水分が排泄されにくくなる場合

②副腎などの内分泌腺の病気によって血圧を上げるホルモンが体内に増える場合

③血管の病気が原因

④ほかの病気のために使っている薬が原因

などで起こります。一般に、二次性高血圧は本態性高血圧と比べると若い人に多くみられます。

 

血圧上昇

 

 

「血圧が高くなると何故いけないのですか?」


血圧が高いままにしておくと、動脈硬化が進行して脳卒中・心臓病・腎臓病など、重大な病気になる危険性が高まります。また、認知症にもなりやすくなります。

 

 

「高血圧の治療はどのように行いますか?」


食事・運動・嗜好品などの生活習慣を修正することで、高血圧の予防や改善が期待できます。具体的には、減塩・肥満の予防や改善、飲酒量を減らすなどに加え、運動習慣や食事パターンの見直し(野菜や果物、魚を積極的に摂取する)などが有効です。禁煙も推奨されます。その他、防寒や情動ストレスのコントロールも有効と言われています。

 

軽症な高血圧の場合には、生活習慣の改善から治療を始めます。薬を始めた後でも、これらの生活習慣の改善は有効で、うまくいくと薬を減らすのに役立つ場合があります。また、高血圧予防の観点からも生活習慣を見直すことは重要です。

生活習慣を改善しても血圧が目標まで下がらない場合には、降圧薬による治療を行います。血圧を下げる薬には多くの種類があり、その中から患者さんの血圧値や全身状態、その他の病気の有無などによって、最適な薬を決めていきます。十分に血圧を低下させるためには、いくつかの薬を組み合わさなければならないこともあります。

 

血圧上昇

 


 

その他の一般外来ページ

 


Iwasaki Clinic Group
診療科目 内科 外科 肛門外科


電話をかける

診療時間

 



医療法人 岩崎医院 
〒591-8008
大阪府堺市北区東浅香山町2丁337

最寄り駅:大阪メトロ御堂筋線 北花田駅

院長:岩崎 洋

診療科目:内科/外科/肛門外科

診療時間:
【午前】8:30〜11:30[受付終了]
【午後】5:30〜7:30[受付終了]
胃カメラ・エコー(腹部/乳腺/甲状腺など):予約制です
休診日:

木曜・土曜午後/日曜・祝日


【主な診療内容】

・糖尿病
・高血圧症
・高脂血症(脂質異常症)
・痛風(高尿酸血症)

・逆流性食道炎
・過敏性腸症候群(IBS)
・胃腸炎
・便秘
・癌疾患

・バセドウ病
・橋本病
・骨粗鬆症
・認知症

・痔
・まき爪(陥入爪)
・花粉症
・各種検査