一般外来 北花田の内科・外科・肛門外科 岩崎医院

 

一般外来

各種検査

 

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

腹部超音波検査(腹部エコー)

 


 

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

「上部消化官内視鏡検査とは」


「胃カメラ」と呼ばれている検査です。

先端部外径は5.4mm、柔軟性のある電子スコープを用いて検査を行います。内視鏡先端にはカメラが装着されており、モニターに食道・胃・十二指腸の内部を映し出して直接観察し診断します。異常所見を疑った場合には、病理組織検査を追加する場合もあります。

当院では、検査前に患者さんと相談して、経口的に挿入するか・経鼻的に挿入するかを選択していただいております。過去に胃カメラで苦しい思いをされた方には、より苦痛の少ない「経鼻内視鏡検査」をお勧めしております。

 

「このような方は上部消化管内視鏡検査をお受け下さい」

・みぞおちのあたりの痛みのある方

・胸焼けや胃もたれ感のある方

・食欲不振や体重減少のある方

・胃潰瘍や十二指腸潰瘍の既往がある方

・黒い便がみられる方

(※胃・十二指腸からの出血が疑われる症状です。早急に検査を受けて下さい。)

 

胃カメラ

 

 

「上部消化管内視鏡検査の流れ」


1:検査前

■ お申し込み

まずは診察を受けていただき検査の予約を取ります。(お電話でも予約は承りますが検査前に必ず受診して下さい。)その際に、既往歴・胃カメラの検査歴・普段内服されている薬・薬剤アレルギーなどを確認し、検査の流れや検査に関する注意点を説明いたします。

■ 食事について

検査前日は夜9時頃までに夕食を済ませて下さい。検査当日の朝からは絶食です。水分は検査2-3時間前まで摂取できます。

 

2:検査当日

・胃の中をきれいにする薬を飲んでいただきます。

・(経鼻内視鏡の場合)鼻腔粘膜を収縮させる薬剤を噴霧し、内視鏡が通りやすくします。その後、鼻腔より局所麻酔のゼリーを注入します。

・上着は脱ぎ、メガネや入れ歯を外し、ベルトは緩めます。

・内視鏡を飲み込む際の違和感を軽減するために、のどの奥に麻酔のスプレーを噴霧します。苦みが強い薬ですが、頑張って飲み込んでいただきます。

・内視鏡は無理に飲み込もうとせず、医師や看護師の指示に従い身体の力を抜いた状態で飲み込みます。のどを通ったら、「海の上で空を見上げて浮かぶように」身体の力を抜いてもらうと、比較的楽に検査を受けてもらえます。のどの奥に内視鏡が入っている時間は、通常は10分程度です。必要に応じて病理組織検査を行いますが、その際には検査時間が少し長くなります。

・結果に関しては、検査後すぐに説明します。病理組織検査を行った場合には、結果がでるのに7〜10日程度かかります。

 

「Q&A」


Q1:検査のあと、車の運転はできますか?

A:胃カメラの検査は身体に侵襲を与える検査ですので、検査当日に運転は控えていただくのが望ましいと考えます。

 

Q 2.検査のあとは、どのくらいで食事できますか?

A:のどの麻酔がきれるまで、検査後約1時間は食事や水分も摂取できません。検査1時間後に少量の水を飲んでもらい、むせないことを確認したうえで食事を摂っていただきます。

 

Q3:内視鏡検査で病気が感染しませんか?

A:その心配はありません。

検査終了後に、ガイドラインに準じて十分な洗浄・消毒を行い、次の検査に使用しております。検査に使用される処置具(組織を摘まみ取る器具)も、高圧蒸気滅菌したものを使用しています。安心して検査を受けて下さい。

 

Q4:検査が楽に受けられるように麻酔をして眠った状態で検査を受けたいのですが...

A:前回の検査がのどの反射が強くとても苦しかった方は希望されることがあります。こういった方には、静脈麻酔下に検査を受けていただくのがよいかと思います。

静脈麻酔により血圧低下や呼吸抑制が出現したり、検査中に誤嚥したりする危険性がありますので、希望される方には入院施設のある病院での検査をお勧めしています。(診療情報提供書は当院で作成します。)

 

Q5:検査の費用はどのくらいかかりますか?

A:内視鏡検査の費用は、5,000〜10,000円くらい(3割負担)です。

胃カメラ

 

 


 

腹部超音波検査(腹部エコー)

「腹部超音波検査とは」

腹部エコー(腹部超音波検査)は、おなかに検査用の半透明のゼリーを塗り「プローブ(探触子)」という器械を当てて臓器をみる検査です。プローブから超音波を発信し、そこから返ってくるエコーを受信して、コンピューターで画像処理して診断します。

ゼリーが少しひんやりする程度で、検査は痛くありません。むしろ、くすぐったいと感じる方もおられます。

検査時間は15分程度です。肝臓・胆のう・腎臓・腹部大動脈などの病気を発見するのに適した検査です。(※胃・小腸・大腸の病気を発見するのには適しておりません。)

 

 

「このような方は腹部超音波検査をお受け下さい」

腹部超音波検査でわかる病気を下記に挙げます。

・肝疾患(脂肪肝・肝のう胞・肝腫瘍・肝硬変など)

・胆のう疾患・胆管疾患(胆のう結石症・胆のう炎・胆のうポリープなど)

・膵疾患(膵炎・膵石症・膵のう胞・膵腫瘍など)

・腎疾患(腎嚢胞・腎結石など)

・膀胱疾患(膀胱腫瘍など)

・前立腺疾患(前立腺肥大など)

・大動脈疾患(腹部大動脈瘤など)

・子宮・卵巣疾患(子宮腫瘍・卵巣腫瘍など)

侵襲の少ない検査ですので、無症状であってもスクリーニング目的で定期的に検査を受けておくのもよいでしょう。

とくに、右季肋部(みぞおちから右肋骨の下にかけて)に痛みを感じる方、その他の部位の腹痛や腹部膨満感を自覚される方、血液検査で肝機能障害や腎機能障害を指摘された方、尿検査で血尿を指摘された方は、必ず検査をお受け下さい。

胃カメラ

 

「腹部超音波検査の流れ」

当院では、毎週水曜日の夜診の時間帯に、予約制で行っております。

■お申し込み

まずは診察を受けていただき、検査の予約を取ります。(お電話でも予約は承りますが、検査前に必ず受診して下さい。)その際に、既往歴・腹部エコーの検査歴・普段内服されている薬・薬剤アレルギーなどを確認し、検査に流れや検査に関する注意点を説明いたします。

■食事について

検査当日は昼12時頃までに軽めの昼食を済ませて下さい。以降は検査までは絶食とし、水分のみ摂取していただきます。可能であれば、検査の直前に排尿することは避けて下さい。(膀胱内に尿が貯まっている状態で検査に臨んでいただくと、より診断能力が上がります。)検査後はすぐに食事をとることができます。

 

 

「Q&A」


Q:検査の費用はどのくらいかかりますか?

A:腹部超音波検査の費用は、2,000〜3,000円くらい(3割負担)です。


 

その他の一般外来ページ


Iwasaki Clinic Group
診療科目 内科 外科 肛門外科


電話をかける

診療時間

 



医療法人 岩崎医院 
〒591-8008
大阪府堺市北区東浅香山町2丁337

最寄り駅:大阪メトロ御堂筋線 北花田駅

院長:岩崎 洋

診療科目:内科/外科/肛門外科

診療時間:
【午前】8:30〜11:30[受付終了]
【午後】5:30〜7:30[受付終了]
胃カメラ・エコー(腹部/乳腺/甲状腺など):予約制です
休診日:

木曜・土曜午後/日曜・祝日


【主な診療内容】

・糖尿病
・高血圧症
・高脂血症(脂質異常症)
・痛風(高尿酸血症)

・逆流性食道炎
・過敏性腸症候群(IBS)
・胃腸炎
・便秘
・癌疾患

・バセドウ病
・橋本病
・骨粗鬆症
・認知症

・痔
・まき爪(陥入爪)
・花粉症
・各種検査