一般外来 北花田の内科・外科・肛門外科 岩崎医院

 

一般外来

花粉症

 

「花粉症とはどのような状態ですか?」


スギやヒノキなどの花粉が、鼻の粘膜や目の結膜を刺激することによりアレルギー反応が生じて、鼻炎症状(鼻水や鼻づまり)や眼症状(目のかゆみや涙が止まらない)を引き起こす病態です。原因となる花粉が飛散する時期にだけ症状が現れるという特徴がありますが、複数の花粉に対してアレルギーがあると、通年性に症状がみられる人もいます。

 

 

「花粉症の原因は何ですか?」


スギやヒノキなどの花粉が鼻の粘膜や目の結膜を刺激することによって生じるアレルギー疾患の1つです。日本ではスギやヒノキの他にも、イネ・ブタクサ・ヨモギなど、約50種類の植物の花粉が花粉症の原因となっていると言われています。複数の花粉に対してアレルギーを持っている人では、通年性に症状がみられることもあります。

 

 

 

「アレルギー検査について」


多くは問診でアレルギー症状の既往を確認することで診断できますが、血液検査や皮膚アレルギーテストを行い、アレルギーの原因を特定することもあります。

 

 

「花粉症の治療はどのように行いますか?」


まずは眼鏡やマスクを着用することで目や鼻を花粉から守ることが肝要です。

症状緩和のために、抗ヒスタミン薬やロイコトリエン拮抗薬などを使用します。症状が強い場合にはステロイド剤を使用することもあります。一般的には、花粉が飛散し始める2週間前くらいから薬物治療を始めることで、症状発現を遅らせ、症状自体も軽くすることができると言われています。

その他、根治療法として「減感作療法」があります。これはアレルギーの原因となる物質(抗原)から抽出したエキスを体内に取り入れて、徐々に慣れさせていく治療法です。

皮下注射や舌下免疫療法(舌の裏に薬剤を置いて吸収させる)などがあります。

 


 

その他の一般外来ページ

 


Iwasaki Clinic Group
診療科目 内科 外科 肛門外科


電話をかける

診療時間

 



医療法人 岩崎医院 
〒591-8008
大阪府堺市北区東浅香山町2丁337

最寄り駅:大阪メトロ御堂筋線 北花田駅

院長:岩崎 洋

診療科目:内科/外科/肛門外科

診療時間:
【午前】8:30〜11:30[受付終了]
【午後】5:30〜7:30[受付終了]
胃カメラ・エコー(腹部/乳腺/甲状腺など):予約制です
休診日:

木曜・土曜午後/日曜・祝日


【主な診療内容】

・糖尿病
・高血圧症
・高脂血症(脂質異常症)
・痛風(高尿酸血症)

・逆流性食道炎
・過敏性腸症候群(IBS)
・胃腸炎
・便秘
・癌疾患

・バセドウ病
・橋本病
・骨粗鬆症
・認知症

・痔
・まき爪(陥入爪)
・花粉症
・各種検査