一般外来 北花田の内科・外科・肛門外科 岩崎医院

 

一般外来

痔

 

「痔とはどのような病態ですか?」


痔とは肛門の病気の総称で、大きく分けて痔核(じかく:いぼ痔)・裂肛(れっこう:切れ痔)・痔瘻(じろう)の3つがあります。最も多いのは痔核であり、全体の約半分を占めます。次に多いのは女性の裂肛であり、男性は痔瘻が多いという特徴があります。

痔核には内痔核・外痔核・血栓性外痔核があります。肛門の内側にある静脈の一部が鬱血(うっけつ)し、こぶ状に腫れた状態をいいます。肛門の皮膚の部分と直腸粘膜の境目である歯状線(しじょうせん)よりも上の方にできる痔核を内痔核といい、歯状線よりも下側である肛門の皮膚の部分にできるものを外痔核といいます。内痔核では、この周辺には痛みを感じる神経が通っていないため、出血しても痛みを感じることは少ないです。一方、外痔核ではほとんどの場合に痛みを感じます。この外痔核のなかに血の塊ができ、しこりのようになると、激しい痛みを伴うようになり、これを血栓性外痔核といいます。

裂肛とは、排便時に肛門の皮膚が裂けた状態で、便秘で硬くなった便を排泄した際に起こりやすく、慢性的な下痢に伴う肛門皮膚の炎症が原因で起こることもあります。

肛門内の小さなくぼみである肛門陰窩(こうもんいんか)から入った細菌が肛門腺のなかで化膿し、これが進行して肛門外の皮膚より膿が出るようになると、肛門の内側と外側がトンネル状につながってしまいます。このような状態を痔瘻といいます。肛門部の腫れとともに激しい痛みを伴い、発熱がみられることもあります。

 

痔

 

 

「痔になる原因は何ですか?」


1:痔核

便秘や排便時のいきみ、長時間トイレに座っていることなどが原因で起こります。女性の場合は、妊娠・出産がきっかけとなることもあります。

2:裂肛

硬い便を無理に出そうとして強くいきむことで肛門の皮膚が裂けてしまい起こることが多いです。また、前述のように慢性的な下痢が原因となることもあります。一度の浅い傷であれば通常すぐに自然修復されますが、何度も裂肛を繰り返すと傷が深くなり、括約筋の緊張が高まり硬くなってしまい、肛門を狭くします。


3:痔瘻

下痢などをきっかけに、歯状線の横にある肛門陰窩という小さなくぼみに便が入りやすくなります。肛門陰窩の奥には肛門腺があり、便の細菌がこの肛門腺に感染して化膿します。このように膿が溜まってしまった状態を「肛門周囲膿瘍」といいますが、これが進行して肛門外の皮膚より膿が出るようになると、肛門の内側と外側がトンネル状につながってしまいます。膿が出て肛門周囲膿瘍が治ると、膿の出ている穴は塞がります。しかし、肛門周囲膿瘍を繰り返すうちに、膿の出ている穴が塞がらなくなり、このトンネルを通じて膿が出続ける状態となります。

 

痔

 

「痔の治療はどのように行いますか?」

1:痔核の治療

痔核による症状で日常生活に制限されることがある場合には治療を検討します。症状があっても普段の生活に支障のない場合には、内服薬や外用薬により保存的に経過をみます。

内痔核に関しては、状態によっては手術の適応となります。例えば、排便時に脱出した痔核が戻らずに手で押し込む必要がある場合や、常に肛門が脱出している場合、手で押し込んでもすぐに出てきてしまう場合が該当します。代表的な手術法は「結紮切除術」です。切除する範囲が大きすぎると、術後に肛門が狭くなることがあります。近年では、内痔核に対する治療法として、ALTA療法(硬化療法:静脈内に薬剤を注入し血管を固めて潰す治療)も行われております。

外痔核に関しては手術の対象となることは希ですが、血栓性外痔核で腫れや痛みがひどい場合には、局所麻酔下に血栓摘出術を行います。

 

2:裂肛の治療

裂肛の治療で重要なのは、原因となっている便秘や下痢を改善することです。裂肛に対しては、外用薬や内服薬による治療を行います。慢性裂肛になって肛門ポリープ・見張りいぼ・肛門狭窄を起こしてきた場合には、手術加療も考慮します。

 

3:痔瘻の治療

裂肛の治療で重要なのは、原因となっている便秘や下痢を改善することです。裂肛に対しては、外用薬や内服薬による治療を行います。慢性裂肛になって肛門ポリープ・見張りいぼ・肛門狭窄を起こしてきた場合には、手術加療も考慮します。

 

肛門周囲膿瘍に対しては、局所麻酔下に切開排膿術を行います。1回の肛門周囲膿瘍で切開排膿術を行っただけでは痔瘻へと進展することは少なく、排膿だけで繰り返さないのであれば、手術の必要はありません。しかし、痔瘻の状態となって肛門周囲膿瘍を繰り返す場合には、手術加療を行います。

肛門の内側と外側がトンネル状につながる瘻管(ろうかん)が形成され膿が出続けるのが痔瘻ですが、その位置やタイプにはさまざまなバリエーションがあります。そのため手術術式も多種類あり、症例ごとに術式が選択されます。代表的な手術を以下に挙げます。


・瘻管解放術:膿の通り道である瘻管を切り開いて解放する。

・瘻管切除術:瘻管全体を切除する。

・瘻管結紮療法(シートン法):膿の通り道である瘻管にゴムや糸を通して輪状に縛り、ゴムが縮むことでゆっくり時間をかけて組織を切っていく。

 


 

その他の一般外来ページ


Iwasaki Clinic Group
診療科目 内科 外科 肛門外科


電話をかける

診療時間

 



医療法人 岩崎医院 
〒591-8008
大阪府堺市北区東浅香山町2丁337

最寄り駅:大阪メトロ御堂筋線 北花田駅

院長:岩崎 洋

診療科目:内科/外科/肛門外科

診療時間:
【午前】8:30〜11:30[受付終了]
【午後】5:30〜7:30[受付終了]
胃カメラ・エコー(腹部/乳腺/甲状腺など):予約制です
休診日:

木曜・土曜午後/日曜・祝日


【主な診療内容】

・糖尿病
・高血圧症
・高脂血症(脂質異常症)
・痛風(高尿酸血症)

・逆流性食道炎
・過敏性腸症候群(IBS)
・胃腸炎
・便秘
・癌疾患

・バセドウ病
・橋本病
・骨粗鬆症
・認知症

・痔
・まき爪(陥入爪)
・花粉症
・各種検査