一般外来 北花田の内科・外科・肛門外科 岩崎医院

 

 

 

一般外来

 

「バセドウ病とはどのような病気ですか?」


甲状腺ホルモンは、全身の臓器に作用して代謝をつかさどる大切な働きを持つホルモンです。バセドウ病は、この甲状腺ホルモンを過剰に産生する病気(甲状腺機能亢進症)の代表的な疾患です。

人口1000人あたり0.2〜3.2人と報告されており、20〜30代の若い女性に多い病気です。男女比は1:3〜5といわれています。

 

 

「バセドウ病になるとどのような症状が現れますか?」


代謝をつかさどる甲状腺ホルモンや、交感神経系のカテコールアミンが過剰になるために、典型的には、動悸・体重減少・指のふるえ・汗が多いなどの症状がみられます。その他、疲れやすい・下痢・筋力低下・精神的にイライラするなどの症状がみられることもあります。

女性では月経が止まることもあります。甲状腺は全体的に大きく腫れてきます。眼球が突出し、目が完全に閉じないなどの眼症状がみられることもあります。その他、炭水化物の多い食事をした後や運動の後などに、手足が突然動かなくなる発作が起こることがあり(周期性四肢麻痺)、とくに男性に多くみられます。

 

 

「バセドウ病になる原因は何ですか?」


バセドウ病は自己免疫疾患のひとつです。自己免疫疾患とは、細菌やウイルスなどから身体を守る免疫が自分の臓器や細胞を標的にしてしまうことで起こる病気の総称です。下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(thyroid stimulating hormone:TSH)が甲状腺濾胞細胞のTSH受容体を刺激することにより甲状腺ホルモンは分泌されています。バセドウ病は、このTSH受容体に対する抗体が体内で作られてTSH受容体を刺激し続け、甲状腺ホルモンが過剰に産生・分泌されることで起こる病気です。TSH受容体に対する自己抗体が作られる原因は解っていませんが、バセドウ病になりやすい体質を持っている人が、何らかのウイルス感染や強いストレス、妊娠・出産などをきっかけとして起こるのではないかと考えられています。

バセドウ病になりやすい体質は遺伝しますが、上記のように環境要因が加わって初めて発症します。親・兄弟・祖父母がバセドウ病の人は、一般の人に比べて20〜40倍くらいバセドウ病になりやすいといわれています。

 

 

「バセドウ病の治療はどのように行いますか?」

大きく分けて、薬物療法(抗甲状腺薬)、放射線ヨウ素内用療法、手術療法の3つの治療法があります。

 

1:薬物療法

薬物療法は最も簡便で外来で治療が始められるため、多くの場合に第一選択となります。永続的な甲状腺機能低下症になることはほとんどありませんが、欠点として副作用が生じる可能性があることや、治療効果に個人差が大きく、一旦は寛解(症状が消え、安定して薬を中止できる状態)しても再発率が高いことが挙げられます。薬物療法を2年以上継続しても薬を中止できる目途が立たない場合には、他の治療法を検討します。

 

2:放射線ヨウ素内用療法

放射線ヨウ素内用療法は、安全で効果が確実であり、甲状腺の腫れも小さくなります。再発がないように甲状腺機能低下を目指すと甲状腺ホルモン薬の服用が必要となる場合があります。欠点としては、実施できる医療機関が限られること、バセドウ病による眼症状が悪化することがあること、小児や妊婦・授乳婦では行えないことなどが挙げられます。

 

3:甲状腺摘出術

甲状腺摘出術は、最も早く確実に治療効果が得られます。再発がないように全摘術を行うと甲状腺ホルモンの内服が必要になります。欠点としては、入院が必ず必要であること、手術合併症(反回神経麻痺や副甲状腺機能低下症など)が生じるリスクがあることなどが挙げられます。

 

 

「橋本病(慢性甲状腺炎)とはどのような病気ですか?」


甲状腺ホルモンは、全身の臓器に作用して代謝をつかさどる大切な働きを持つホルモンです。橋本病は、この甲状腺ホルモンが少なくなる病気(甲状腺機能低下症)の代表的な疾患です。

橋本病は非常に頻度の高い病気で、成人女性の10人に1人、成人男性の40人に1人にみられます。橋本病だからといって、全員の甲状腺ホルモンが少なくなるわけではなく、橋本病のうち甲状腺機能低下症になるのは4~5人に1人未満です。大部分の人では甲状腺ホルモンは正常に保たれています。男女比は1:20〜30と女性に多く、とくに30〜40代の女性に発症することが多い病気です。

 

 

「橋本病になるとどのような症状が現れますか?」


甲状腺が腫れてきて、頸部の圧迫感や違和感を感じることがあります。甲状腺機能低下症になると、全身の代謝が低下することにより、無気力・疲れやすい・全身のむくみ・寒がり・体重増加・便秘・かすれ声などが生じます。女性では月経過多になることがあります。うつ病や認知症と間違われることもあります。

ときに、甲状腺濾胞が破壊されて甲状腺ホルモンが血中に流出して一時的に甲状腺ホルモンが過剰となり、「バセドウ病」と似た症状がでることがあります。通常は甲状腺の痛みはなく「無痛性甲状腺炎」と呼ばれます。このような状態は、多くは3ヶ月以内に改善します。

 

 

「橋本病になる原因は何ですか?」


橋本病は、自己免疫疾患のひとつです。自己免疫疾患とは、細菌やウイルスなどから身体を守る免疫が自分の臓器や細胞を標的にしてしまうことで起こる病気の総称です。橋本病では、免疫の異常によって甲状腺に慢性的に炎症が生じていることから、慢性甲状腺炎とも呼ばれます。この慢性甲状腺炎によって甲状腺組織が少しずつ壊され、甲状腺ホルモンが作られにくくなると、甲状腺機能低下症が生じます。バセドウ病と同様に、なぜ免疫の異常が生じるかは解っていません。橋本病を持っている人が、強いストレスや妊娠・出産、ヨード過剰摂取(海藻類・薬剤・造影剤など)などをきっかけとして甲状腺機能低下症を発症するのではないかと考えられています。

橋本病になりやすい体質は遺伝しますが、上記のように環境要因が加わって初めて発症します。

 

 

「橋本病の治療はどのように行いますか?」


甲状腺機能が正常の橋本病では、原則的に治療は必要ありません。甲状腺機能低下がある場合には、合成T4製剤の内服を行います。ヨード過剰が疑われる場合は、ヨード制限も行います。潜在性甲状腺機能低下症の場合は、妊娠中もしくは妊娠希望の女性では、速やかに甲状腺ホルモン補充を開始します。甲状腺刺激ホルモン(TSH)が10μU/mL以上や、高コレステロール血症を伴う場合では、合成T4製剤の内服を検討します。

〜妊娠希望のある場合や妊娠中の「橋本病」治療における注意点〜

甲状腺自己抗体が陽性の場合、TSHが2.5μU/mLを超える程度の軽い甲状腺機能低下であっても、流早産や妊娠高血圧症候群のリスクが高く、治療によりそのリスクを改善できることが明らかになっています。橋本病では、妊娠を希望する場合には、TSH 2.5μU/mL 以下を目標に、合成T4製剤の内服を調整します。妊娠すると妊娠15週までの甲状腺ホルモンの必要量が約1.3〜1.5倍に増えます。妊娠初期は4週ごとに甲状腺機能をチェックし、妊娠30週前後で一度チェックを行います。妊娠中・後期は、TSH 3.0U/mL 以下(後期は3.5U/mL 以下でも可)にコントロールするのが一般的です。

分娩後は妊娠前の量に戻します。産後甲状腺炎チェックのために、産後6〜12週と産後6ヶ月時に甲状腺機能をチェックしましょう。橋本病の場合、約6割の人が産後無痛性甲状腺炎や甲状腺機能低下症を合併するといわれています。合成T4製剤を内服しながらの授乳は問題ありません。 

 


 

その他の一般外来ページ

 


Iwasaki Clinic Group
診療科目 内科 外科 肛門外科


電話をかける

診療時間

 



医療法人 岩崎医院 
〒591-8008
大阪府堺市北区東浅香山町2丁337

最寄り駅:大阪メトロ御堂筋線 北花田駅

院長:岩崎 洋

診療科目:内科/外科/肛門外科

診療時間:
【午前】8:30〜11:30[受付終了]
【午後】5:30〜7:30[受付終了]
胃カメラ・エコー(腹部/乳腺/甲状腺など):予約制です
休診日:

木曜・土曜午後/日曜・祝日


【主な診療内容】

・糖尿病
・高血圧症
・高脂血症(脂質異常症)
・痛風(高尿酸血症)

・逆流性食道炎
・過敏性腸症候群(IBS)
・胃腸炎
・便秘
・癌疾患

・バセドウ病
・橋本病
・骨粗鬆症
・認知症

・痔
・まき爪(陥入爪)
・花粉症
・各種検査